Q G6PDテストとはどんな検査?

G6PD(グルコースー6-リン酸脱水素酵素)とは

主要なな抗酸化成分であるグルタチオンの濃度を維持し、細胞を酸化的ダメージから保護するはたらきがあります。赤血球を維持するのに重要な酵素です。

G6PD欠損症とは

生まれつきこの酵素の機能が不十分であるため、赤血球が体内で破壊されてしまって貧血が起こります。この酵素が遺伝的に欠損していると高濃度ビタミンンC点滴を受けた際に溶血発作(めまい・立ちくらみ・動悸・息切れ・だるさ・疲れやすさなどの貧血症状)を起こすことがあります。

日本人には稀ですが、この酵素の検査を事前に行い安全に高濃度ビタミンC点滴が受けられるか確認します。

       IVC治療中に溶血を起こす人がいる

               ↓

 溶血は赤血球中に含まれるG6PD活性が低下している人に起こりやすい

               ↓

        これを検出するのがG6PD検査

検査方法

1.検査キットでの測定

  G6PD活性測定キットにて少量の採血を行います。

2.結果判定

  検査に異常がなければ、問診など体の状態を十分に把握したうえで

  高濃度ビタミンC点滴が可能になります。

  →高濃度ビタミンCが受けられない方の詳細はこちらをご覧ください。

診療の流れ

  1.初診カウンセリング(60分)5000円

            ↓

  2.カウンセリングで高濃度ビタミンC点滴が可能と判断した場合

    G6PD検査のため採血(別途 4500円)

            ↓

  3.G6PD検査に異常なし(同意書にサイン)

            ↓

  4.点滴開始VC点滴

  • 12.5g 9000円(税別)
  • 25g   9000円(税別)
  • 5. 2回目以降の点滴療法については再診料はかかりません  
  •   

    当院では高品質のビタミンC製剤を使っております。

    *高濃度ビタミンC点滴療法の薬剤

    アメリカのMcGuff社製ビタミンC注射液、ASCORを使っております。米国薬局方(USP)基準に対応した高品質のビタミンC注射液で、米国食品医薬局(FDA)の承認を取得した、唯一のビタミンC注射液です。2017年10月にFDAよりNDA(New Drug Application)の承認を取得しています。抗菌剤・防腐剤が不使用の100%天然型ビタミンCで冷蔵状態で輸入しています。